2010年05月20日

子宮頸がん ワクチン、小6に初の集団接種…栃木・大田原(毎日新聞)

 栃木県大田原市で13日、小学校6年生の女子児童を対象に、子宮頸(けい)がん予防ワクチンの集団接種が始まった。1人当たり4万5000円の費用を市が全額負担する集団接種は、市などによると全国でも初めてという。来年度以降も続ける方針。

 市によると、市立小23校で来年1月までに、6年女子334人のうち希望者329人に接種する。福祉政策に力を入れており「女性の命を守ることは少子化問題の観点からも重要」として公費負担を決め1人3回分、計約3000万円を10年度予算で賄う。初日は金丸小の10人が接種を受け「がんになるのはいやなので、注射してよかった」「思ったより痛くなかった」と話したという。

 立ち会った自治医大の鈴木光明教授(産婦人科学)は「接種率を上げるには集団接種が有効で、学校での接種は素晴らしい」と話した。

 子宮頸がん予防には若年層へのワクチン接種が有効とされるが、3回で計5万円前後の費用がネックになっている。【柴田光二】

【関連ニュース】
質問なるほドリ:子宮頸がんワクチンって?=回答・小島正美
追跡・発掘:子宮頸がん 理解進まず受診率低調 4市町村で予防接種助成へ /山梨
ことば:子宮頸がん /山梨
子宮頸がんワクチン:県医師会「公費助成を」 市町長に要望書 /栃木
健やかわかやま:子宮頸がん予防接種、6年生女児に7月から−−御坊市 /和歌山

日米地位協定に「環境条項」=沖縄配慮、改定提起へ(時事通信)
北朝鮮に「何らかの介入」=拉致問題で国連人権弁務官(時事通信)
<淀川女性遺体>「息子引き取りたい」職求め全国転々(毎日新聞)
<ブロッキング>プロバイダーなど4社 自主的に実施を表明(毎日新聞)
<中部国際空港>プラグインハイブリッド車を国内空港で初導入(毎日新聞)
posted by ミズモト カズヒロ at 15:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。