2010年02月17日

地検の全検事参加・弁護士会は精鋭で…新作戦(読売新聞)

 今後、大幅な増加が見込まれる裁判員法廷に、検察と弁護士会が対照的な作戦で臨もうとしている。

 最高検は中堅・若手の検事全員に裁判員裁判を経験させるよう、全国50地検に通知。特捜部所属の検事も対象で、経験者の層を厚くする狙いがある。これに対し、弁護士会側では、裁判員裁判の弁護に意欲的な弁護士に集中的に担当させることで、検察側に対抗する構えだ。

 都市部の地検ではこれまで、一部の検事がほぼ専従して裁判員裁判を担当してきた。最高検によると、今後はこれを転換し、来年3月までに、都市部の地検の副部長以上や地方の検事正、次席検事を除く全員(約1000人)に、裁判員裁判対象事件の捜査から公判前整理手続き、公判までをできるだけ担当させる。

 大型経済事件や汚職の摘発を担う東京、大阪、名古屋各地検の特捜部や、公安、交通両部に所属する検事も対象で、最高検では、「これから幹部になる検事が裁判員裁判を全く経験していないのでは困る。件数の増加に対応するためにも、全検事が経験する必要があると判断した」としている。

 一方、最高裁による裁判員経験者らへのアンケートなどで、裁判員へのアピール度で検察側に後れを取る結果が出ている弁護士サイド。高い技術を持つ弁護士を裁判員裁判の国選弁護人につけ、対抗しようという動きが広がっている。

 東京地裁本庁管内では、被疑者国選弁護制度の対象になる容疑者が逮捕されると、日本司法支援センター(法テラス)が、同制度用の弁護士名簿を元に弁護人を割り振っている。裁判員裁判でも、この弁護士が引き続き弁護を担当することになるが、裁判員裁判の研修を受けていない弁護士も含めて順番に回ってくる形のため、研究熱心な弁護士に事件が回りにくいという。

 そこで、第二東京弁護士会(会員約4000人)は裁判員裁判の研修や模擬裁判を経験した約80人を元に「選抜者リスト」を作成、来月から、殺人などの被害者が死亡した裁判員裁判事件では、このリストから法テラスに弁護士を推薦することを決めた。東京、第一東京両弁護士会でも導入を検討している。

 同様の取り組みは大阪や千葉、埼玉など東京以外の多くの弁護士会では既に行われており、日本弁護士連合会裁判員本部の小野正典本部長代行は「弁護士の力量不足で量刑が不当に重くなる事態を減らしたい」としている。

足元確かめるように…「流氷ウオーク」人気(読売新聞)
外国人参政権で意見交換、地方側から反対意見続出 全国議長会(産経新聞)
「連隊長発言」再発防止へ、防衛相が指導(読売新聞)
午後にリコール届け出へ=プリウス不具合問題−トヨタ(時事通信)
ポニョ舞台・鞆の浦、車混雑の解消実験(読売新聞)
posted by ミズモト カズヒロ at 20:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

<JAXA理事長>米有人探査中止、日本への影響は限定的(毎日新聞)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の立川敬二理事長は10日会見し、米国が有人宇宙探査計画を中止したことについて「日本への影響はさほど大きくない」との見解を示した。オバマ大統領は今月1日、厳しい財政事情や世論の動向を背景に、「コンステレーション計画」と呼ばれる有人宇宙探査計画の中止を表明していた。

 中止決定後の理事長会見は初めてで、立川氏は「米航空宇宙局(NASA)が有人探査を引っ張る形でなくなるかもしれない。日本が有人探査にどのような形で手を挙げるかが課題だ」と語った。

 また、立川氏は1日にNASAのボールデン長官と電話協議したことを明らかにした。それによると、米国の今後の計画について、従来計画の目標(月や火星)に小惑星などを追加▽スペースシャトルに代わる有人宇宙船の調達先として、民間5社と契約▽国際宇宙ステーション計画より参加国の多い「国際宇宙探査協働グループ」を核に協力国の拡大−−などの方針を示したという。【奥野敦史】

【関連ニュース】
準天頂衛星:1号機の愛称「みちびき」に JAXAが発表
野口聡一さん:JAXAショールームでは歓声
準天頂衛星:1号機の愛称、「みちびき」に−−JAXA
守ろう JAXAとユネスコ協力
特別授業:JAXA谷垣さん、朝来・糸井小で 目輝かせ楽しく学ぶ /兵庫

欲しいのは「国民の幸せ」=首相(時事通信)
官房長官、小沢氏辞任論「世論調査、一概に判断できない」(産経新聞)
<男子高校生>後ろから背中刺される 徳島・JR阿波池田駅(毎日新聞)
無人島 1億円で落札 広島県「三ツ子島」国有財産売却で(毎日新聞)
12月機械受注、20.1%増=3カ月ぶり拡大−内閣府(時事通信)
posted by ミズモト カズヒロ at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

千葉大女子学生放火殺人、容疑の男を強盗殺人と放火で再逮捕へ(産経新聞)

 千葉県松戸市で昨年10月、マンションの一室が焼け、この部屋に住む千葉大園芸学部4年、荻野友花里さん=当時(21)=が殺害された事件で、千葉県警松戸署捜査本部が、荻野さんのカードで現金を盗んだ窃盗容疑で再逮捕された住所不定、無職、竪山辰美容疑者(48)が、荻野さんを殺害し部屋に放火した疑いが強まったとして、勾留(こうりゅう)期限となる17日にも、強盗殺人と現住建造物等放火の容疑で再逮捕する方針を固めたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、竪山容疑者は昨年10月21日、荻野さんの胸などを包丁で刺して殺害。キャッシュカードを奪ったうえ、翌22日、荻野さんの部屋に火を付けた疑いが持たれている。

 竪山容疑者はこれまでに、事件の一連の状況を記した上申書を捜査本部に提出。記載通りの場所から包丁と、血痕のついたTシャツなどが発見されていた。

 また、荻野さんの遺体の首に巻かれていたストッキングから得られたDNA型が竪山容疑者のものと一致。発見されたTシャツの血痕のDNA型は荻野さんのものと一致していた。

 竪山容疑者は、同県内の女性に対する強盗強姦未遂罪などで逮捕、起訴されており、先月末には、荻野さんのキャッシュカードから現金2万円を下ろした窃盗容疑で再逮捕されていた。

【関連記事】
千葉大女子学生放火殺人 Tシャツの血痕から荻野さんのDNA型
ATM男、別の強盗致傷容疑で男を送検 千葉大女子学生放火殺人
鳥取連続不審死 運転手死亡めぐり海岸捜索
証拠不同意 弁護側の姿勢に疑問の声 秋葉原無差別殺傷
「残虐極まりない犯行」懲役30年を求刑 大阪、京都の3人刺傷裁判

「都市型軽費老人ホーム」、4月にも―小規模ホームの参入促す(医療介護CBニュース)
防衛大綱の有識者懇、座長に京阪電鉄・佐藤氏(読売新聞)
鳩山首相、小沢氏と距離? 枝野氏起用は支持率低落の歯止め?(産経新聞)
【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(下)】「私は健常者」「愛犬のあだ討ちでき、ま・ん・ぞ・く」 最後まで独自論理を展開(産経新聞)
<無免許>9年近く公用車運転 札幌市職員を懲戒(毎日新聞)
posted by ミズモト カズヒロ at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。